スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たそがれどきのひとりごと

英語のマジックアワーは、そもそも映画の撮影用語で、
「日没前の20分間ほどの間の、もっとも美しい映像を撮ることが出来ると言われる時間」のことです。

僕がマジックアワーという会社を立ち上げた時、
映画に関わる仕事で、本当に信頼できる仲間たちと、
一瞬でも魔法のように美しい時間を共有することができればと、心の底から思っていました。


しかし、ここ1年ほどの間に、映画を取り巻く状況は予想以上に厳しくなり、
90年代以降がんばってやってきた中小の映画会社は、少なからず機能不全におちいっていますし、
倒産する会社も以前では考えられないほど増えています。


弊社も、今後の状況は必ずしも楽観できるものではありませんが、
何とか前向きにやって行きたいと思っています。


日本語では、マジックアワーと同じ時間帯ことを、
「逢魔が刻(おうまがとき)-お化けに出逢いやすい時間」と言ったり、
「黄昏どき(たそがれどき)-そこにいるのは誰(たそかれ)?というようなぼんやりと薄暗い時間」
と言ったりします。

いずれにしろ、すっきりと元気が出る時間ではなさそうです。


この黄昏どきに、かなりたそがれているオヤジの僕が、
不定期に(ナマケモノですから)日々の仕事の中で感じたことをひとりごちますので、
お時間がある方はおつきあいください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジックアワーStaff

Author:マジックアワーStaff
株式会社マジックアワー社長
会社サイトはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。